Time Machineの初期設定|外付けストレージの選び方とフォーマット

Time Machineは『Macのデータを自動でパックアップし、復元も簡単にできる』Macユーザーにとって重要な機能です。「まだ使ったことないよ」という方は必ず設定しましょう。

設定は簡単です。適切な外付けストレージを接続し、初期設定を済ませれば、あとは何もする必要はありません。Macが自動でバックアップを取ってくれます。

この記事では、Time Machineを設定する方法と、最適な外付けストレージの選び方を解説しています。

グラント

Time Machineを正しく設定しておけば、Macに何かあっても、復元できるので安心です。

Time Machineを設定していなくて、復元したいデータがある場合はこちらを参照

目次

外付けストレージを用意する|選び方

Time Machineにはバックアップ専用の外付けストレージが必要です。Appleによると“バックアップ対象のディスク総量に対して、2倍以上の容量が理想”とのことです。

バックアップ対象のすべてのディスクやボリュームの総量の 2 倍以上の容量があるバックアップディスクが理想です。バックアップディスクの容量が足りないため、バックアップが全部入りきらない場合は、Time Machine が教えてくれます。

引用:Time Machine で Mac をバックアップする(Apple)

例えば下記のように、使用中のMacに対して約2倍の容量のストレージを用意すると安心です。

  • 「256GB」のMac → 「512GB」の外付けストレージ
  • 「512GB」のMac → 「1TB」の外付けストレージ
  • 「1TB」のMac → 「2TB」の外付けストレージ

外付けストレージには大きく分けると「SSD」と「HDD」の2つの種類があります。どちらでも構いませんが、それぞれメリット/デメリットがあるので、自分に合う方を選択しましょう。

グラント

総合的には「SSD」の方が優れているので、迷ったら「SSD」をおすすめします。

Macのストレージを調べる方法

左上のアップルマークから、「システム設定」を選択してください。

Macシステム設定

サイドバーから「一般」を選択し、「ストレージ」をクリックしましょう。

一般からストレージを選択

使用中のMacのストレージが表示されます。USBドライブやSDカードなど接続中の外部ストレージも確認する場合は、「すべてのボリューム」をクリックしてください。

使用中のストレージを確認する

Time Machineの外付けストレージは、ここに表示されている総量の約2倍が理想です。

グラント

上の画像の例では、1TBのストレージを用意すればOKです。 

「SSD」のメリット/デメリット

SSD(Solid State Drive『ソリッドステートドライブ』)の特徴を簡単に言うと、HDDに比べて「データの転送速度が速く、衝撃に強い」という特徴があります。物理的に動いているものがないので、消費電力が少なく、動作音も静かです。

最大のデメリットは価格が高いこと。差が縮まってきたとはいえ、まだまだ高いのが現状です。1TBのSSDが買える金額で、HDDは2TB〜4TBの容量が買えてしまいます。

もう一つのデメリットは、破損した際の復旧が難しいことです。SSDは複雑な仕組みで動作しているため、データ復旧の難易度がHDDより上がります。

【SSDのメリット/デメリット】

メリットデメリット
データ転送速度が速い
小型の製品が多い
動作音が静か(ほぼ無音)
衝撃に強い
発熱・消費電力が少ない
データ復旧が難しい
価格が高い
大容量は特に高い!

\USB3.2Gen2対応・2mの落下に耐える高耐久モデル/

\買いやすい価格のSSD/

「HDD」のメリット/デメリット

HDD(Hard Disk Drive『ハードディスクドライブ』)の特徴は、大容量でもSSDに比べて安価で、物理的に破損していなければ、データが消えない安心感があります。

気になるところは、SSDと比べてしまうとデータ転送が遅く、衝撃や振動で破損しやすい部品があることです。

【HDDのメリット/デメリット】

メリットデメリット
価格が安い
種類が豊富
長期保管に向いている
データ転送速度が遅い
衝撃に弱い
動作音がする

\安心の東芝製・ポータブルHDD/

\4TBでも1万円ちょっとで買える/

USBポートによる転送速度を考慮

MacのUSBポートは、USB-C(Thunderbolt)を採用しています。データ転送や充電はもちろん、外付けディスプレイとの接続もUSB-C端子を持つケーブルで接続します。端子の形状は、USBハブや変換ケーブルなどを利用すれば対応できるので、どれを買っても問題ありません

Time Machineで使用する、外付けストレージを選ぶ際に意識したいのは、データ転送速度。バックアップは自動なので、転送速度をあまり意識しませんが、復元する際に遅いと待ち時間が長くなってしまいます。

転送速度の違いは下記のとおりです。

規格名データ転送速度
USB1.112Mbps
USB2.0480Mbps
USB3.0 (USB 3.2 Gen 1)5Gbps
USB3.1 (USB 3.2 Gen 2)10Gbps
USB3.2 (USB 3.2 Gen 2×2)20Gbps
USB4 (USB4 Gen 3×1)20Gbps
USB4 (USB4 Gen 3×2)40Gbps
規格名データ転送速度
Thunderbolt10Gbps
Thunderbolt 220Gbps
Thunderbolt 340Gbps
Thunderbolt 440Gbps

種類が多い上に、見た目ではよく分かりません。何に対応しているのか必ず書いてあるので、そこを見て選びましょう。

例:「USB3.1 (Gen 2) 対応」や「Thunderbolt 3 対応」などと書かれているので、購入前に確認してください。

サクサク作業したい方は、なるべく速いものを選びましょう。とはいえ、速いものほど価格が高くなるので悩ましいです。

グラント

迷って決められない場合は、USB3.0 (USB 3.2 Gen 1)以上に対応しているものを購入すれば問題ありません。

バックアップ用に使用するなら、Time Machineに対応したものを選ぶと、手間をかけずにすぐに使用できるのでおすすめです。

\Time Machine・USB3.0(Gen1)/USB-C対応で買ってすぐ使える(2TB)/

\Time Machine・USB3.0(Gen1)/USB-C対応(1TB)/

外付けSSD/HDDのフォーマット

Time Machine用の外部ストレージは、バックアップデータ以外、保存しないのが理想です。Appleの公式サイトにも“Time Machine専用として使う”ように書かれています。

ストレージデバイスは Time Machine のバックアップディスク専用として使い、ほかのファイルの保管には利用しないでください。

引用:Time Machine で Mac をバックアップする(Apple)

ひとつのディスク内でボリュームを追加し、ストレージの一部をTime Machine用として使うこともできます。しかし、リスク分散の意味でも、拡張用のストレージは、物理的に別のデバイスを用意しましょう。

Appleも“ほかのファイルの保管には利用しない”と言ってますしね。

Time Machineに使用する外付けSSDやHDDをフォーマットして、初期設定の準備をしましょう。

グラント

外付けストレージをMacに接続してください。

STEP
ディスクユーティリティを起動する

Launchpad」を開いて「その他」を選択してください。

Launchpadを開いてその他を選択する

その他の中にある「ディスクユーティリティ」を起動します。

ディスクユーティリティを起動する
STEP
すべてのデバイスを表示

表示」をクリックしてください。

表示をクリック

すべてのデバイスを表示」を選択します。

すべてのデバイスを表示を選択
STEP
消去

フォーマットしたいディスクを選択し、「消去」をクリックしてください。

フォーマットしたいディスクを選択して消去をクリック
STEP
フォーマット・方式を選択
  • フォーマット:APFS
  • 方式:GUIDパーティションマップ

それぞれ選択し、「消去」をクリックしましょう(名前はあとで変更できるので、ここでは無視します)。

フォーマット:「APFS」方式:「GUIDパーティションマップ」をそれぞれ選択する
グラント

消去が完了するのをお待ちください。

STEP
名前を設定

ディスクの名前は、ディスクユーティリティでいつでも変更可能です。

変更したいディスクを選択し、名前をクリックすると自由に編集できます。

変更したいディスクを選択し、名前を変更する

Time Machineの初期設定

Time Machineの設定をしていきましょう。初期設定だけしてしまえば、自動でバックアップをとってくれるので、ほったらかしでOKです。

STEP
Time Machineの設定を開く

メニューバーのTime Machineのアイコンをクリックし、「Time Machine設定を開く」を選択してください。

メニューバーからTime Machine設定を開く

メニューバーにアイコンがない場合は「システム設定」から「一般」→「Time Machine」と選択し設定画面を開いてください。

システム設定→一般→Time Machine
STEP
ディスクを設定

「+」をクリックしましょう。

「+」をクリックして、Time Machineに使用するディスクを選択

Time Machineに使用するディスクを選択し、「ディスクを設定」をクリックします。

Time Machineに使用するディスクを選択し、「ディスクを設定」をクリック
STEP
ディスクの設定

ディスクの設定画面が開きます。紛失したときのために「暗号化」をおすすめします。

暗号化するには、パスワードの設定が必要です。パスワードを忘れたときのために、ヒントも入力しておきましょう。

「ディスク使用率の制限」はTime Machine専用として使用するなら「なし」で構いません。
完了」をクリックすれば、Tiime Machineの設定は完了です。

ディスクを設定し、完了をクリックする(万が一のときのために暗号化がおすすめ)

Time Machineのデータがあれば、使用中のMacが復元できてしまいます。面倒ですが、暗号化しておきましょう。

STEP
バックアップを作成

ディスクを設定すると、最初のバックアップが作成されます。あとは自動でバックアップが作成(デフォルトでは1時間ごと)されるので安心です。

最初のバックアップの作成がはじまる
自動でバックアップが作成されない場合

バックアップが始まらない場合は、手動でバックアップが可能です。

メニューバーのTime Machineのアイコンをクリック→「今すぐバックアップを作成

メニューバーから今すぐバックアップを作成

または、「システム設定」→「一般」→「Time Machine」→ディスクを右クリック→「今すぐバックアップを作成

ディスクを右クリックして「今すぐバックアップを作成」
STEP
オプション設定

Time Machineの設定を開きます。≫ 開き方はこちら

オプション」をクリックしましょう。

オプションをクリック
  • バックアップ頻度→自動ではなく、手動へ切り替え or バックアップ頻度の調整
  • バッテリー使用時にバックアップを作成する or しない
  • バックアップから除外したい「アプリ」「フォルダ」「ファイル」などの設定

それぞれお好みの設定をしたら、「完了」をクリックしましょう。

Time Machineの各種オプション設定

Time Machineの設定|まとめ

「Time Machine」でバックアップを取っておけば、もし大切なMacが故障したり、紛失したりしても復元できるので安心です。
≫ 紛失や盗難の可能性がある場合は、すぐにこちらの対処をしてください。

一部のファイルを手軽に復元できるので、間違えて削除してしまった場合にも有効です。『Time Machineの設定をしてなかった』『Mac新しく買ったよ』という方は、なるべく早く設定してくださいね。

Windowsには「ファイル履歴」というMacのTime Machineに似ている機能があります。『Windowsも使ってるよ』という方はファイル履歴の設定もしておきましょう。

目次