【Google日本語入力のインストールと設定方法】Mac & Windows

Google日本語入力は、Mac / Windows標準のIMEに不満がある場合に有効です。特にMacのIMEは、ライブ変換は便利だけど、学習機能に不満がありませんか?

予測変換、学習機能に不満があるなら、一度試してみて、使いやすいIMEを採用してください。

この記事では、Google日本語入力のインストール方法とおすすめの設定を解説しています。

『IME』とは『Input Method Editor』の略で、日本語(ひらがなや漢字)に変換するプログラムのことです。

目次

Google日本語入力のインストール|Mac

Google日本語入力】←からアプリをダウンロードします。

Google日本語入力Mac版をダウンロード

利用規約を確認して、『同意してインストール』をクリックしてダウンロードしてください。

利用規約を確認してから同意してイントールをクリック(Mac)

ダウンロードが完了したら、
Finder』の『ダウンロード』フォルダにある『GoogleJapaneseInput.dmg』ファイルをダブルクリックしましょう。

ダウンロードしたGoogleJapaneseInputをダブルクリック

GoogleJapaneseInput.pkg』ダブルクリックして起動します。

GoogleJapaneseInput.pkgをダブルクリック

インストールの許可を求められるので、『許可』をクリックしてください。

インストールを許可する

インストーラーが起動するので、『続ける』をクリックしましょう。

インストーラーの続けるをクリック

インストール』をクリックします。

インストーラーのインストールをクリック

Touch IDまたはパスワードを入力して、インストールを許可してください。

Touch IDまたはパスワードを入力

インストール後にすぐに設定したい場合は、『有効にする』を選択して『続ける』をクリックしてください。

続けるをクリック

ダイアログが開くので、『OK』を選択します。

Google 日本語入力を有効にする

インストール後、Google日本語入力を『有効にする』を選択した場合は、環境設定の入力ソースが開きます。

『ー』をクリックして、必要のない入力ソースを削除しましょう。『+』ボタンで入力ソースに戻すことが可能です。

必要のない入力ソースを削除する

インストーラーが開いたままなので、『閉じる』をクリックしてインストーラーを閉じます。

インストーラーを閉じる

インストーラーをゴミ箱に入れるか聞かれます。必要がないので『ゴミ箱に入れる』を選択します。

インストーラーをゴミ箱に入れる

環境設定|Mac

違うIMEを使うと、どうしても違和感があります。そこで、

それぞれ、Google日本語入力でキー操作を似せる設定方法をご紹介します。

Macのライブ変換風の設定

Macの日本語入力でライブ変換を使ってから、Google日本語入力に変えると、変換のためにスペースキーを押すのが億劫に感じます。ライブ変換を使っていた場合は、下記の設定がおすすめです

メニューバーの『』または『A』からGoogleの入力ソースを選択します。
Googleの入力ソースを選択した状態で、環境設定を開きます。

Google日本語入力の環境設定を開く

入力補助』タブから『句読点変換を有効にする』にチェックを入れてください。

句読点変換を有効にする

句読点や『?』『!』を入力すると自動で変換されます。ライブ変換と動作が違うので違和感はありますが、変換する手間が省けます。

Windows風の設定

Windowsの日本語入力に慣れている場合は、Microsoft-IMEのキー設定にすることで、ストレスを減らせます

先程と同じように、メニューバーの『』または『A』からGoogleの入力ソースを選択します。
Googleの入力ソースを選択した状態で、環境設定を開きます。

Google日本語入力の環境設定を開く

一般』タブからキー設定の選択で、『MS-IME』を選択してください。

一般ダブのMS-IMEを選択する

『MS-IME』を選択しておくと、とりあえず全角で入力して、[F10]キーで半角英字に変換するなど、Windowsとほぼ同じ感覚で入力作業ができます。

Google日本語入力のインストール|Windows

Google日本語入力】←からアプリをダウンロードします。

Google日本語入力Windows版をダウンロード

利用規約を確認してから、『同意してインストール』をクリックしてください。

利用規約を確認してから同意してインストールをクリック(Windows)

自動でダウンロードが始まります。始まらない場合は、『ここをクリック』をクリックします。

自動でダウンロードが始まります

ブラウザから直接、またはエクスプローラーを開いて、
ダウンロードフォルダ内の『GoogleJapaneseInputSetup.exe』をダブルクリックしましょう。

エクスプローラーを開く
ダウンロードフォルダ内のGoogleJapaneseInputSetup.exeをダブルクリック

ユーザー制御アカウントのダイアログが開きます。『はい』をクリックしてください。

このアプリがデバイスに変更を加えることを許介しますか?はいをクリック

インストールが始まるのでしばらく待ちます。

インストールが始まります。

インストールが完了すると初期設定のダイアログが開きます。
Google日本語入力をメインで使う場合は、すべてにチェックが入った状態で『OK』ボタンをクリックしましょう。

初期設定のダイアログはOKボタンをクリック

インストールは以上です。

[Windows]キー + [スペース]キーで、「Microsoft-IME」と「Google日本語入力」を切り替え可能です。

Windowsキー+スペースキーでIMEの切り替えが可能

Windowsの日本語入力をMac風にする

ここからはMacも使用する方向けに、Mac風に半角/全角を切り替える設定をご紹介します。

Macはスペースキー横の[英数]キーで半角[かな]キーで全角に切り替えます。Windowsで同じ位置にある[無変換]キーと[変換]キーで同じ動作をするように設定します。

タスクバーにある『A』または『』を右クリックして、プロパティを選択します。

「A」または「あ」を右クリックしてプロパティを開く

一般』タブから、キー設定の選択の『編集』をクリックしてください。

一般タブからキー設定の選択の編集をクリック

下にスクロールして、入力キー列の中から『Henkan』を探します。
下の画像のように、『IME有効化』コマンドを割り当てましょう。

HenkanキーにIMEを有効化のコマンドを割り当てる

入力キー列の『Muhenkan』に『IMEを無効化』を割り当てて、『OK』ボタンをクリックします。

MuhenkanキーにIMEを無効化コマンドを割り当ててOKボタンをクリックする

設定が完了したら、『OK』ボタンでプロパティを閉じます。

OKボタンでプロパティを閉じる

この設定をすると、[無変換]キーで半角、[変換]キーで全角に切り替えられます。Macと同じような感覚で入力作業ができるので、WindowsとMacを両方使用する方におすすめです。

MacとWindowsを両方使用する場合は、こちらの設定もおすすめです。

MacとWindowsの両方で使えるキーボードをこちらにまとめています。

Google日本語入力のインストールと設定|まとめ

  1. Google日本語入力】←からアプリをダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを開く
  3. 各種許可をして、インストール

文字入力が快適にできるかどうかは、作業スピードに大きく影響します。予測変換や、学習機能は標準のIMEに比べて、Googleの方が優秀な感はあります。

Macの場合は、ライブ変換が使えなくなるなどデメリットもあります。合わなかったら戻せばいいだけなので、好みのIME、好みの設定を探し当ててください。

目次