【日本語入力が快適になる設定】MacとWindows両方使用する方向け

MacとWindowsを両方使っているとキーボードの違和感すごくないですか?
タイプミスが増えて自分にイライラ…そんな経験ないでしょうか?

この記事では、MacでもWindowsでも快適に入力作業を行える設定をご紹介します。

入力しやすいように設定を変更してストレスを減らし、効率よく作業できる環境を手に入れましょう。

目次

MacをWindowsに寄せる方法

Windows 10,11は、Caps Lockキーを単体で押すと半角/全角が切り替えられます。
Macでこれをできるように設定し、ControlキーとCaps Lockキーの位置を変更します。

Caps Lockキーで半角/全角を切り替える

【macOS Monterey 12】の設定方法はこちらをクリック

上のメニューバー、アップルマークからシステム環境設定を開いてください。

システム環境設定

キーボードを選択してください。

システム環境設定のキーボード

入力ソースタブのCaps LockキーでABC入力モードと切り替えるにチェックを入れてください。
これで[Caps Lock]キーを押すと半角/全角が切り替わります。

キーボードの入力ソース

下に「長押しするとすべて大文字で入力できるようになります。」とありますが、Windows同様Shift + Caps Lockでも大文字/小文字の切り替えが可能です。

上のメニューバー、アップルマークから「システム設定」を開いてください。
(DockからでもOKです。)

Macシステム設定
  1. サイドバーから「キーボード」を選択
  2. 入力ソースの「編集」をクリック
キーボードから入力ソースの編集をクリック
  1. サイドバーの「すべての入力ソース」を選択
  2. Caps Lockキーで英字入力モードと切り替えるを「ON
  3. 完了」をクリックしてウインドウを閉じる
Caps Lockキーで英字入力モードと切り替えるをオンにする
グラント

これで[Caps Lock]キーを押すと半角/全角が切り替わります。

下に「長押しするとすべて大文字で入力できるようになります。」とありますが、Windows同様Shift + Caps Lockでも大文字/小文字の切り替えが可能です。

Caps LockキーとControlキーの位置を変更する(交換する)

MacBookのキーボードは、ControlキーがWindowsのCaps Lockキーと同じ位置にあります。
ControlキーをCaps Lockキーに変更することでMacBookとWiindowsでそれぞれ違和感なくキー操作ができます。

【macOS Monterey 12】の設定方法はこちらをクリック

先ほど同様システム環境設定からキーボードを開きます。

システム環境設定
システム環境設定のキーボード

キーボードタブの右下の修飾キーをクリックしてください。

キーボードタブの修飾キー

キーボードを選択からお使いのキーボードを選択してください(外部キーボードを接続していない場合は選択ができません)。

MacBook本体の場合は下の画像の「Apple内蔵キーボード/トラックパッド」です。

変更するキーボードを選択

単純に入れ替える場合は

  1. Caps LockキーをControl
  2. ControlキーをCaps Lock

に変更します。

ControlキーとCaps Lockキーを変更
グラント

こうする事でWindowsのCaps Lockキーと同じ位置のキーで、同じ操作が可能になります。

先ほど同様「システム設定」を開いてください。

Macシステム設定
  1. サイドバーの「キーボード」を選択
  2. キーボードショートカット」をクリック
キーボードからキーボードショートカットをクリック
  1. サイドバーから「修飾キー」を選択
  2. キーボードを選択」から「Apple内蔵のキーボード/トラックパッドを選択」(MacBookのキーボード)
    ※外部キーボードを接続中の場合、選択可
修飾キーからApple内蔵キーボード/トラックパッドを選択する

単純に入れ替える場合

  1. Caps Lockキー」→「Control
  2. Controlキー」→「Caps Lock
  3. 完了」をクリックしてウインドウを閉じる
Caps LackキーをControlキーに、ControlキーをCaps Lockキーに変更する
グラント

こうする事でWindowsのCaps Lockキーと同じ位置で、同じキー操作が可能になります。

WindowsをMacに寄せる方法

Macはスペースキー横の英数キーを押すと半角かなキーを押すと全角になります。
これをWindowsで同じ位置にある無変換キー変換キーにそれぞれ同じ動きをするように設定します。

『キーとタッチのカスタマイズ』を開く

右下の「」または「A」を右クリックしてください。

Aを右クリック

設定」をクリックしましょう。

IME設定へ

キーとタッチのカスタマイズ」を選択してください。

Microsoft IME オプション画面

無変換キー/変換キーの設定

各キーに好みの機能を割り当てる」を「オン」にしましょう。
その下、「無変換キー」を「IME-オフ」にしてください。

キーとタッチのカスタマイズ、無変換キー
キーとタッチのカスタマイズ、無変換キー変更後

その下の「変換キー」を「IME-オン」にします。

キーとタッチのカスタマイズ、変換キー変更後

これで無変換キーがMacの英数キー(半角)変換キーがMacのかなキー(全角)と同じになります。

再変換・カタカナ変換・変換について
変換キーでの再変換について

上記の設定をすると、変換キーを使っての再変換ができなくなります。他のショートカットキーを使って再変換することになります。(Macみたいに2回押下で再変換できれば最高なんですけどね。)
例:[Windows]キー + [/]キー

無変換キーでのカタカナ変換について

無変換キーでのカタカナ変換は、設定を変更しても可能です。MacとWindowsで共通の操作をするなら、[F7]キーでカタカナに変換できます。

変換キーでの変換について

変換キーでの変換も可能ですが、WindowsはMac同様スペースキーで変換ができるので、スペースキーでの変換に慣れることをおすすめします。

グラント

普段から変換キーで再変換していた方は使いづらいでしょう。
その場合は変換キーでの切り替えは諦めて、無変換キーでIMEのオン/オフを切り替えるなどいろいろ試してみてください。

日本語入力のクセを揃える|MacをWindows風にする

個人的にはWindowsをMac風にしたいのですが今のところできないようなので、MacをWindows風に入力する設定に変えてみましょう。

【macOS Monterey 12】の設定方法はこちらをクリック

システム環境設定を開きましょう。

システム環境設定

キーボードを選択します。

システム環境設定のキーボード

入力ソースタブから日本語を選択してください。
ライブ変換のチェックを外します(少し下にスクロール)。
Windows風のキー操作にチェックを入れます。

日本語入力の入力ソース

これで日本語入力時のキー操作はWindowsとほぼ同じになります。

グラント

個人的にはライブ変換は便利なので、チェックを入れてます。
Windowsで日本語入力をしていると、変換せずにEnterキーを押してしまいがちですが……

システム設定」を開きましょう。

Macシステム設定
  1. サイドバーから「キーボード」を選択
  2. 編集」をクリック
キーボードから入力ソースの編集をクリック
  1. サイドバーから「日本語」を選択
  2. ライブ変換」のチェックを外す
  3. Windows風のキー操作」にチェック
  4. 完了」をクリックしてウインドウを閉じる
日本語からライブ変換のチェックを外し、Windows風のキー操作にチェックを入れる

これで日本語入力時のキー操作はWindowsとほぼ同じになります。

グラント

個人的にはライブ変換は便利なので、チェックを入れています。
Windowsで日本語入力をしていると、変換せずにEnterキーを押してしまいがちですが……

Windows/Mac両対応キーボードに変えてみる

私はWindowsとMacでそれぞれキーボードを用意して、物理的に入れ替えて使っていました。

『Windows用のキーボードでMac』『Mac用のキーボードでWindows』を操作することはできますが、操作性が悪いので、2つのキーボードで対応していました。

グラント

単純に面倒なので、「1台のキーボードで両方使えるのないのかな?」と思いまして、探してみたらありますね。

最初は『iClever』の無線キーボードとマウスを切り替えスイッチを使って、Windows/Mac兼用で使用していました。

現在は、ロジクールの『MX KEYS』と『MX ERGO』のセットで作業しています。MXシリーズのように《logicool FLOW》に対応していると、Windows ⇔ Mac間のシームレスな切り替えができて非常に便利です。

両対応キーボードは下記の設定をすることで『WindowsのCtrlキー』と『MacのCommandキー』の位置を同じにすることが可能です。

[Ctrlキー]と[Commandキー]の位置を同じにすると、よく使う[Ctrl] + [C] や [Ctrl] + [V]などが同じキー操作でできます。
※Wireless Receiver(無線キーボード)を例に記述しています。

WindowsのCtrlキーとMacのCommandキーの位置を同じにする方法

【macOS Monterey 12】の設定方法はこちらをクリック

システム環境設定キーボードを開いてください。

システム環境設定
システム環境設定のキーボード

キーボードタブの右下の修飾キーをクリックしてください。

キーボードタブの修飾キー

キーボードを選択から『使用中の両対応キーボード』を選択

変更するキーボードを選択
(例)Wireless Receiver
例:今回使用中のキーボード

ControlキーをCommand
CommandキーをControlに変更します。

CommandキーとControlキーを変更

先ほど同様「システム設定」を開いてください。

Macシステム設定
  1. サイドバーの「キーボード」を選択
  2. キーボードショートカット」をクリック
キーボードからキーボードショートカットをクリック
  1. サイドバーの「修飾キー」を選択
  2. キーボードを選択」から「使用中の両対応キーボード」を選択
  3. Controlキー」→「Command
  4. Commandキー」→「Control
  5. 完了」をクリックしてウインドウを閉じる
修飾キーから設定したいキーボードを選択して、ControlキーをComandキーに、CommandキーをControlキーに変更する

兼用キーボードは「Macでは使わないけど、Windowsでは必要」「Windowsでは使わないけど、Macでは必要」なキーがあるので、『ゴチャッ』とした印象があります。

しかし、同じキー操作で同じことができるメリットの方が大きいです。

MacとWindowsの兼用キーボードは、こちらにまとめています。

【Google日本語入力】を試す場合はこちらを参照

まとめ|キー操作をなるべく同じにすることで快適に

今回試したのは以上です。

なるべく同じ位置のキーで同じ動きをしてもらえると快適ですよね。
以上、『違和感なく半角/全角を切り替える方法と違和感なく日本語入力する方法』でした。

目次