形鋼(CADデータ)の長さを変更【面の移動】【押し出しボス/ベース】【押し出しカット】

SOLIDWORKSを使ってインポートした当サイトのCADデータ(形鋼)の長さを変えてみましょう。

この記事では

  1. よく使うコマンド『押し出しボス/ベース』『エンティティ変換』等を使う方法(初心者向け)
  2. 早くて簡単な『面の移動』を使う方法

2点について解説しています。

フィーチャー認識して編集する方法は別の記事で解説しています

ここでは『等辺山形鋼 75 x 75 x 6』を使って解説しています。

このボタンからCADデータをダウンロードできます

目次

形鋼を長くする(押し出しボス/ベース、エンティティ変換)

STEP
測定

今回は長さを1220mmに変更したい場合を例に進めていきます。
まず、ダウンロードしたアングルの長さを測定しましょう。
ツールタブの評価から測定コマンドを選択してください。

評価測定

アングルの端面L字の面)をクリック → 反対側の端面をクリックしてください。

モデルの回転、移動方法(簡易)
  • モデルを拡大・縮小させる → ホイールを回転させる
  • モデルを回転させる → ホイールを押したままマウスを動かす
  • モデルを移動させる → Ctrlキー + ホイールを押したままマウスを動かす

ポインターの横に表示されるアイコンで選択できる要素が分かります。
面要素← 面
エッジ要素← エッジ
点要素← 点

測定結果

距離が1000mmなのが分かります。
1220にしたいので220足していきます。

STEP
押し出しボス/ベース

ツールタブのフィーチャータブから押し出しボス/ベースを選択してください。
スケッチするを選択(クリック)します。
今回はアングルの端面(L字の面)を選択します。

押し出しボス/ベース
アングル端面を選択

メニューバーにスケッチ編集中であるスケッチ←が表示されます。
ツールタブが自動でスケッチになっている筈です。

スケッチ編集中


エンティティ変換を選択してください。
先ほど選択したと同じ端面をクリックして、OKボタンをクリックしてください。

エンティティ変換OK
エンティティ変換、面を選択

アングル端面の外形がスケッチに変換されます。
スケッチ終了をクリックしてください。

エンティティ変換後
スケッチ終了

グラフィック領域内にプレビューが表示されます。
左側のPropertyManagerに押し出し量を入力します。
ブラインドになっていることを確認して、その下に数値を入力します。
今回は1000 → 1220なので、220と入力しましょう。
その下の結果のマージにチェックを入れてください。
OKボタンをクリックしましょう。

押し出しボス/ベース、ブラインド220

これで「アングル 75x75x6 L1220」の3Dモデルができました。

アングル 75x75x6 L1220

形鋼を短くする(押し出しカット)

ここで仕様が変更になってアングルの長さが800になりました。
急な仕様変更はこれまでの作業が無駄になるのでやめていただきたいですね。

STEP
方針を決める

少しおさらいします。
アングルの長さを1000 → 1220 → 800と変更することになりました。
方法はいくつかあります。

  1. ダウンロードしたファイルをもう一度開いて1000を800にカットする
  2. 今まで作業したモノをそのまま利用して1220を800カットにする
  3. 今まで作業したモノを編集して1220から800にする

今回は3番の編集する方法を使います。
理由は
「1番は部品ファイルが無駄に二つになってしまう。」
「2番は履歴が無駄に増えてしまう。」
からです。

SOLIDWORKSではデザインツリーに履歴が残ります。
履歴をわかりやすい状態にしておいた方が後々の変更に対応しやすくなります。
では実際に作業してみましょう。

STEP
ボスー押し出し1の削除

左側のデザインツリーを見てみると、先程220押し出した「ボスー押し出し1」という履歴があります。
これをフィーチャー編集することで長さを変えることができます。
しかし、これは1000あったモノを長くした履歴なので、1000より長い寸法であればブラインドの数値を変更するだけですが、今回は1000以下の800にしなければいけないので、数値を変えるだけでは対応できません。

1000超で長さを変更する場合

ボスー押し出し1をクリック → フィーチャー編集でブラインドの数値を変更できます。

履歴からフィーチャー編集

ボスー押し出し1は使えないので削除します。
ボスー押し出し1を右クリック → 削除または、ボスー押し出し1を選択してDeleteキーです。

履歴の削除


表示されたダイアログの含まれているフィーチャーを削除のチェックが外れているのを確認して
はいをクリックしてください。
(チェックが入っていると、スケッチも削除されてしまいます。)

含まれているフィーチャーを削除のチェックが外れている

これで長さ1000のアングルに戻りました。

STEP
押し出しカット

履歴にスケッチが残っているので、これを利用します。
残っているスケッチ1を選択して押し出しカットをクリックしてください。

履歴のスケッチから押し出しカット

今回はカットする量(短くする長さ)をPropertyManagerに入力します。
ブラインドの数値は「1000−800=200」の200を入力します。
または、1000-800Enterキーと入力してもOKです。

SOLIDWORKSの数値を入力する部分は計算機としても使えるので「計算してから答えを入力」と「計算式を入力→Enter」は同じ結果になります。暗算で答えが出ていなければ計算式を入力したほうが早いです。

押し出しカット、ブラインド1000−800

これで「アングル 75x75x6 L800」に変更できました。

アングル 75x75x6 L800

面の移動|これが早くて簡単!

STEP
面の移動を選択
  1. アングルの端面を右クリック
  2. 下の[∨]をクリック
移動したい面を右クリック

『移動』を選択します。

移動を選択

右上のコマンド検索からは『面の移動』で検索すると出てきます。

STEP
面の移動のプロパティ
  1. オフセットを選択
  2. パラメータにオフセット量を入力
  3. 長くするならそのままOKOKボタンボタン
    短くするなら『反対方向』にチェックを入れてからOKOKボタンボタン
面の移動(オフセット)のプロパティ

以上で長さを変更できます。
単純に早いのでこの方法がおすすめです。

まとめ|ポイント

  • 長くしたい時は『押し出しボス/ベース』→『エンティティ変換』
  • 短くしたい時は『押し出しカット』→『エンティティ変換』
  • 早くて簡単『面の移動』
    • 端面を右クリック → 移動 → オフセット

今回は短くする時に既存(長くした時)のスケッチを利用しました。
短くすることが分かっていれば、初めから『押し出しカット』を使用すれば短くできます。

ポイント 1

履歴を意識しながらモデリングしましょう。
複雑なモデルだと一ヶ所変更するのにあっちもこっちも編集…なんてことが起こります。
履歴が汚いデータは変更するのが苦痛になるので、慣れてきたら未来の自分のために意識しましょう。

ポイント 2

数値の入力は計算式を入力しましょう。
計算機を別で用意して、答えを出して、答えを入力…無駄です。
CADの計算機能を利用することで無駄な時間を省けます。

今回は形鋼の長さを変更する方法についてでした。
それでは。

目次